スポンサードリンク

通学講座と通信講座の違い


通学講座と通信講座といった種類が講座にはありますよね。
どちらも講座には変わりなく、同じ講座を選ぶ場合でも通学講座か通信講座を選ぶ事が出来るところもあります。通学講座は通信講座に比べると習得する知識や技術、スキルアップが早くて効率がいいと言われています。又、通学講座の方が講座を受講してから試験を受験しようと思っている人にとっては合格率が高いとも言われています。通学講座のメリットは、同じ講座でも実際に目で見て聞いて講師に直接教わることが出来るという所ですね。
そして分からない事があって質問したいと思った時にすぐに質問する事が出来ますので、学習結果に反映されるのが早いと思います。
通学講座のメリットはこのようにすぐに学習に反映するという事ですが、通信講座の場合にはこうはいきません。
通信講座のメリットから紹介すると、通信講座は時間の自由がききますから仕事をしている人でも学生の人でも自分の好きな時間に講座を受講する事が可能です。又、通学講座に比べると費用がかなり安くなっている事もメリットの一つです。通信講座を受講している人の多くは、自由な時間が少なく、通学講座を受講するには時間の調整が難しいので通信講座を受講されているようです。これが通信講座のメリットではありますが、実はこのメリット、他の視点から見てみると、通信講座は自分のペースで勉強をして行かなければいけない事になり、自己管理がきちんと出来ない人にはあまりお薦め出来ない講座と言えます。
通信講座を受講している人の中には、最初の数日は頑張って勉強していたのですが、後から結局勉強しなくなって最後まで修了しなかったという三日坊主的な人も中にはいるようです。自己管理がきちんと出来る人でなければ自分のペースで通信講座を勉強するという事は難しいはずです。自己管理に自信がない人は通学講座で決められた時間に決められた講座を受講する方が良いかも知れませんよ。そうすれば三日坊主になる事もありません。通信講座と通学講座は特徴がそれぞれこのように違っています。自分に合っている講座のスタイルがどちらなのかということを十分に考えたうえで通学講座にするのか通信講座にするのかを選択しましょう。誰だってせっかく高いお金を支払って講座を受講するのですから、少しでも継続して最後まで勉強出来る方がいいですよね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。